昨日の記事で損切と資金循環について改めて考えました。

記事:生涯投資家に学ぶ

 

どうしたら今より損切と資金循環を強化できるか?

 

考えた結果、自分の中で一つの答えが出ました。

 

それは価格改定ソフトの導入。

 

僕は今まで価格改定は手動で行っていました。3~4日に一度くらいの頻度かな。

 

極端に在庫の種類が多くなかったので、価格改定もだいたい10分~15分くらいで終わるし、現在の商品の相場に合わせて微妙な調整で価格改定できるし、自動でやることは考えていませんでした。

 

それが損切と循環を強く意識することで、この手動で行ってきた価格改定を自動にすると問題が解決できる!と思ったんですね。

 

まず、僕が導入した価格改定ツールは「マカド」というツールを使いました。

価格改定ツール:マカド

 

ツールを導入した一番の理由は、価格改定に感情を入れなくて済むから。

 

人間はせっかく仕入れた商品を赤字で売りたくないので、損切しなくてはいけないと頭で解っていても、どうしてもついつい価格を下げるのを先延ばしにしたりします。

 

もう少しだけ様子を見てみようかなと。僕だってそういうこともあります。

 

つまり原因は感情が入ってしまうから。ということになります。

 

そこで、一切価格改定に感情をいれない方法としてツールを導入することにしました。

 

これで一度設定さえしてしまえば、容赦なく最安値で売ってくれます。

 

しかも僕が数ある価格改定ツールでなぜ「マカド」というツールを選んだかというと、まずは、パソコンを起動していなくても、24時間稼働し続け、価格改定をやってくれます。しかも価格改定の間隔も設定することが出来ます。

 

僕は5分おきに最安値より高い場合は3円下げる設定をしました。

 

これでだいたいの商品で僕の商品が常に最安値になる確率が高まります。

 

最安値になりやすくなるということはどういうことかというと、FBAのカートを取れやすくなるということです。

 

FBAでの販売で一番売れやすい状態というのはカートを獲得することです。

 

でもカートはどうやったら獲得できるかはっきりと分かっていませんが、一つ獲得できる確率を上げる方法として最安値にすること。これによってカート価格を取れやすくなります。

 

これで、損切もできるし、カートも取れやすくなるので、商品も売れ、資金の循環もうまくいくようになるはずです。

 

実際にツールを使用して感じたことは商品の売れやすさが飛躍的に上がりました!

 

なんで今まで導入しなかったんだというくらい、商品が売れます。

 

とにかく僕の個人的な感情を抜きにしてどんどん売り抜けてもらいます。これで資金の循環がかなりよくなるでしょう。

 

というか、自動で価格改定は楽でいいですね。笑