何気に本屋で手に取った本が素晴らしかった

何気に本屋で手に取った本が素晴らしかった

金曜日に仕事のお昼休憩で本屋で、何か面白そうな本がないか物色していたら、ふとこんな本があったので、手に取ってみました。

アマゾンページ:伝説の7大投資家

 

ウォーレンバフェットは世界的に有名な投資家なので名前くらいはしっていたのですが、他の投資家の名前はまったくしらないし、少し面白そうだったから試しに購入して、この土日で読んだのですが、これが大当たり!

 

最近、有名投資家の株の運用の仕方が、せどりと似ているとこがあるな~と感じていた部分があったのですが、この本を読んで、せどりの取り組み方を考えさせられる言葉が色々と書かれていて、とても考えさせられました。

 

少しだけ抜粋すると、

 

■リスクをおかす際は、すべてを賭けるな。

■損をすることなくして、金儲けをすることはできない 。

■投資をする際、私はほとんどの場合、仮説を立て、それを市場でテストすることにする。

■重要なことは、正しいか、間違っているかではない。 正しい時にいくら稼ぎ、間違っている時にいくら損をするかだ。

 

一部ですが、行に線を引いた部分が山のようにありました。

 

新書でさらっと読めるので、せどりをやっている方は読んでおいて損がない本ですよ。

 

ちょっとしばらく投資家の本を読み漁ろうと思います。

雑談カテゴリの最新記事