利益が「出た」「出なかった」ではなく、その後が大切

利益が「出た」「出なかった」ではなく、その後が大切

仕入れた商品が予想通り売れ、結果利益が「出た」のか、それとも値下げして売ったので利益が「出なかった」のかは、みなさん注目しますよね。

 

利益がでたら、よし!自分の仕入れ判断は間違ってなかった!と思いますし、利益が出なかったら、予想外の値崩れに巻き込まれたな~、くらいは思います。

 

でも実はそんなことはどうでもいいことで、重要なのはその先。

 

売れた商品から学ぶ

商品が売れたら必ずやることとしては、「結果を分析すること」。これがきちんとできればその後の仕入れの精度がどんどん良くなります。

 

たとえば、予想通り利益が出たのなら、その商品の現在の世の中の価値というものが、アマゾンの価格と釣り合っていることがわかります。つまり、仕入れ価格の線引きが出来るので、いくらで仕入れればいいのかはっきりします。

 

ですが、そこからさらに商品が市場にどれくらいあふれていて、そのあふれている商品がアマゾンに流れてきて、値下げの可能性はないか?なども考えます。

 

ヤフーや楽天なんかで複数のお店で在庫を大量に抱えている場合は、せどらーたちによってアマゾンに商品が流れてきて、値崩れを起こすことがあります。その辺も調べて、どのくらい再度商品を仕入れるか再度考えて仕入れをする。こうすることで、たとえ値崩れを起こしたとしても、最小限の損失で済むようになります。

 

逆に利益が出なかった商品については、ただ単に「この商品は今後仕入れない」と思うのではなく、なぜ「利益が取れると思って仕入れたのに、赤字になったのか?」この部分を考えます。

 

価格を間違って改定してしまったとか、出品者が増えて値崩れに巻き込まれたとか、アマゾンが在庫復活した。など色々な理由があると思いますが、その一つ一つの理由を考えていきます。

 

そして原因をさぐったら、その対処方法を考え、次の仕入れ時に生かす。

 

これを繰り返すことで仕入れの精度はどんどん上がっていくので、商品を売れた後なにも考えずに終わってしまっている人は、必ず売れた後、その商品についてもう再度、思考がめぐらせるようにしましょう!

戦略・思考カテゴリの最新記事