アマゾンからの偽物についての警告メール。無事解決しました。

昨日のブログでもお話しましたが、アマゾンからこのようなメールが来ました。

このたび出品者様より発送された商品の信憑性について、購入者より寄せられたご連絡を調査した結果、出品者様の出品をキャンセルさせていただきました。真贋に関するご連絡があった商品のFBA在庫につきましては、まだ削除の対象ではありません。出品キャンセルを行った商品は、本Eメールの末尾に記載されております。

この決定に対し、90日以内に異議申し立てがない場合は、真贋に関するご連絡があった商品のFBA在庫はすべて、出品者様の負担にて廃棄される場合があります。

出品の再開をご希望の場合は、問題解決の対応と再発防止策の詳細を添えて、改善計画をご提出いただけますようお願いいたします。改善計画の作成について詳しくは、セラーセントラルのヘルプ(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200370560)をご覧ください。改善計画をご用意いただきましたら、セラーセントラルのパフォーマンス通知ページにて、このメッセージの隣に表示されている「対応について詳細を連絡する」ボタンをクリックしてください。

また、ASINごとに以下の情報もご提出ください。

仕入れ先から発行された、発行日から365日以内の請求書、または領収書の写し。これらは、同一期間中の出品者様の販売数と対応している必要があります。
仕入れ先の連絡先情報(名前、電話番号、住所、ウェブサイトを含めてください)。
ご提出いただくファイルは、.pdf、.jpg、.png、.gifのいずれかの形式でお送りください。これらの書類は、正規の資料で改訂されていないものである必要があります。Amazonから仕入れ先に連絡し、提出書類について確認させていただく場合がございますのでご了承ください。価格情報は削除することができますが、書類のそれ以外の部分は明示されている必要があります。当サイトではお客様の仕入れ先情報の秘密保持に常に努めております。

ご提出いただいた情報を確認し、出品を再開できるかどうかを判断させていただきます。出品者様の商品についてさらに問題に関する連絡が寄せられた場合は、直ちにアカウントを閉鎖させていただく場合がございますのでご了承ください。

Amazonでは、偽造品の販売は厳しく禁止されています。真贋に関するご連絡があった商品について有効な請求書または領収書をご提出いただけない場合、該当の商品のFBA在庫は出品者様の負担にて廃棄される場合がございますのでご了承ください。

これには流石にビビりました。

要は、購入者から「偽物の疑い」がある連絡が来たので、アマゾンで事実かどうか確認させてください。とのメールです。

そして、この商品を今後も出品させてほしいのなら「請求書か納品書を提出してください」という内容でした。

そこで対処方法として僕がとった行動をお話しします。

真贋の疑いについての対応策

まず、このような真贋のメールが来たときは、セラーセントラルの在庫一覧ページで、商品の詳細タブから「商品と出品を削除」を選択して商品情報を削除します。

商品情報を削除したら、アマゾンに、商品情報を削除ことを伝え、今後この商品は出品しません。ということをメールします。

問題がなければこのようなメールが来ます。

出品者様にて下記商品の登録を削除いただいたことを確認いたしました。

ASIN:〇〇〇〇〇〇
商品名: 〇〇〇〇〇〇〇

当該商品を再度出品されるようなことはお控えいただくようお願いいたします。出品者様の商品についてさらに問題に関する連絡が寄せられた場合には、直ちにアカウントを閉鎖させていただくことがあります。

なお、この件について他のいかなる問題に関するEメールを送信いただいても、返信できない場合がございますのでご了承ください。

アカウントスペシャリスト

何とかこれで問題解決です。

今回のことで学んだことは、アマゾンから警告がきても、きちんと対応すると大丈夫ということも学びました。こういうのは初動が大切なので、始めは特に慎重に行動しましょう。

もし僕と同じような警告メールがきたら参考にしてみてください。

それとこの商品は「Amazonで刈り取った並行輸入商品」だったのですが、もう並行輸入商品は仕入れるのは止めます。

結構偽物や粗悪品が混じっている可能性が高いようですので。

これを読んでくれている方も並行輸入商品はリスクが高いので仕入れないようにしましょう。