日々仕入れ時に大変お世話になっているメルカリですが、「仕入れ時」「出品時」とそれぞれに注意することがあります。

 

これを無視すると最悪アカウント停止になるので、そうならないためにも知っておきましょう!実際僕も注意、警告が来たことがありますので…。

最悪のアカウント停止を避けよう

メルカリでアカウント停止になるともちろん日々の仕入れにダイレクトに影響するので、これは本当に注意しなければなりません。でも意外とやってはいけないことって、どういったことなのか知らない人が多いと思います。それを今日は少しシェアします。

 

今日は実際僕がメルカリから注意警告が来たやってはいけないことを紹介。

 

「仕入れの時」にやってはいけないこと

仕入れの時にやってはいけないことっていくつかあるのですが、その1つに「購入してからのキャンセル」があります。

 

メルカリって即決形式なので、モタモタしていたらいい商品が先に買われてしまうことなんてザラにあります。ですから即断即決を迫られます。

 

そしてたまにあるのが、間違えて購入してしまうこと。僕が以前結構やってしまっていた失敗として、「着払い」を見逃して購入してしまうことがありました。

 

メルカリはクロネコヤマトと提携をして、独自の配送システム「メルカリ便」というのがあります。これが非常に便利でどこの地域でも箱のサイズで料金一律で送ることができます。さらに配送手続きもコンビニでサクッとできるという優れもの。

 

ですから、普通にゆうパックなどを使うより格段に安く配送できるので、ほとんどの出品者はこのメルカリ便を使って、配送は出品者持ちというのが一般的です。

 

でもたまにいるんですよ。配送が「着払い」という出品者が…。

 

これを見逃していつもと同じ感覚で送料を入れないで利益計算をして、利益が出ると誤った判断をして購入後に着払いに気がつく。これを以前は何度かやってしまいました。

 

そこで、何度か正直に着払いを見落としていたので、キャンセル依頼をしたことがあるのですが、これは基本やったらいけないことです。

 

優しい出品者ならそれでもキャンセルに応じてくれるのですが、中には運営に報告する出品者もいて、こうなると運営から警告がきます。「こういったことが続くようだとアカウント停止します」的なことが。

 

もちろん、出品者に落ち度があって、商品説明や画像と商品が一致していない場合は、キャンセル依頼などは問題がないのですが、明らかにこちらの不備でのキャンセルはやったらいけないことなので、注意しましょう!

 

メルカリで購入した商品をメルカリで販売

もう一つ「出品の時」に気を付けることがあります。

 

メルカリは仕入れにも使えるのですが、もちろんいらない物を出品するのにもできます。

 

そしてこの時注意するのが、「メルカリで仕入れた商品をメルカリ出品する」ときです。

 

特に問題ないように思いますが、実はルールがあり、「購入した価格より高く出品してはいけない」というものがあります。つまり利益が出るような転売行為は禁止ということです。

 

これを知らないで、メルカリで仕入れた価格以上に出品すると警告どころか、「アカウントの一時停止」ということになります。僕はこの「アカウントの一時停止」をくらったこともあります。

 

そうなると、この商品はどこで購入したかや、身分の証明など、非常に手間のかかる連絡をしなくてはいけず、その間もメルカリ仕入れ出来ないし、仕入れ価格以上の値段で出品するのは避けましょう。

 

もちろん、これも仕入れ価格以上の出品をしたら、絶対アカウント停止の処分をくらうものでもないと思います。恐らくたまたまそういった行為が運悪く見つかった場合だけだとは思うのですが、それでも可能性は十分あるので、やらないようにしておきましょう!