僕はいかにリスクを下げ自分の資金(財産)を守りながら、せどりをやることに力を注いでいます。

もちろんすべてのリスクを無くすことはできません。購入したら商品の状態が悪いとか、勘違いして購入してしまったりすることもときにはあります。

でもそういった経験をすることで、「次はそうならないためにどうしたらいいか?」を日々考え、せどりをすることでリスクは低くなっていきます。

普段は極力低リスクにし、リスクを取るべき時は取る。ビジネスで失敗しないための心得です。

今日は普段のリスクを一つ下げる記事を書きたいと思います。

あのアイドルのDVDを仕入れるときは要注意

メルカリであるアイドルのDVDが「新品・未使用」の状態で、尚且つ、出品者が「未開封」と説明されていても、あまり信用しない方がいいというお話し。

そのアイドルは「嵐」

全盛期に比べたら少し人気は下がっていますが、それでもまだまだ人気。

嵐のCD、DVDはせどりをやっている人なら扱ったことがある人も多いかもしれません。プレミア商品も非常に多いので。僕もかなり嵐商品は仕入れていますね。

でもメルカリで「嵐の未開封DVD」を仕入れる時は注意してください。何度も騙された経験があります。

未開封というのは購入時のビニール(シュリンク)も開けていない商品状態です。CDはシュリンクが剥がされていなかったら画像をみるだけですぐに未開封と判断できるのですが、DVDは厄介。

嵐の初回限定DVDは「上部に粘着のあるビニール袋」に入っていることが多いです。こんな感じ。

これなんですが、ビニールを開けてDVDを取り出した後でも、再度ビニールに戻して粘着部分を貼り付けると、見た目が新品状態に戻ります。

これを利用して一度開封しているにも関わらず、「未開封」と説明して出品している人が多くいます。

そんな商品を仕入れて、手元に届いてチェックすると、いかにも一度開けられた跡があったりして、騙されたことに気がつきます。

開封されたら新品では売ることはできないので、赤字で売るしかありません、

そうならないためにどうしたらいいか?

対策として、出品者が商品の状態を「新品・未使用」で説明に「未開封」と書かれていても、本当にそうなのか「画像の粘着部分をチェックする」ことです。

本当に未開封のビニールの状態は粘着部分に空気が入ってなくキレイで、剥がれている部分もありません。先ほどの画像のDVDはキレイな状態なので未開封ですね。

逆に一度開封している商品は、粘着部分に空気が入っていたり、一部が剥がれていることもよくあります。こんなのですね。

これも新品で未開封と説明されている商品ですが、間違いなく開封していますね。

まずはきちんと裏のビニールの粘着部分が写真にあるかどうか確認します。僕は表だけしかないような商品は怪しいので仕入れません。必ず裏の写真があるかどうかが第一条件。

もしないようなら出品者に「裏の状態も確認したいのですが、写真を追加して頂くことは可能でしょうか?」と質問します。

裏の写真がある場合は、粘着部分をチェック。

そのままの出品画像だと写真が小さく確認しにくいなら写真を大きくします。やり方は簡単。

写真にマウスを合わせ右クリックします。そして「新しいタブで画像を開く」を選びます。すると写真が別タブで大きく表示されるようになりますので、これで確認。

商品説明を鵜呑みにしないで、写真をチェックすることで、開封済みを仕入れるリスクを下げることができます。

仕入れるときは必ず確認するようにしましょう!