せどり資金が足りないので融資を考えているんですが、どういった書類などが必要でしょうか?

せどり資金が足りないので融資を考えているんですが、どういった書類などが必要でしょうか?

融資の審査が通ったお話しをしましたが、融資を考えいている方から、さっそくどういった物が必要か質問がきました。そこで、僕が融資を受けるさいに準備した書類や物をお話しします。

一応最初に伝えておきますが、今回僕が融資を受けたのは「日本政策信用金庫」からです。個人で融資を受ける方は、公庫からの融資が多いと思うので、そういった方は参考にしてみてください。

もし銀行からの融資を考えているのでしたら、あまり参考にならないかもしれません。

まず僕が面談の前に先に用意しておいた書類などはこちら。

  • 借入申込書
  • 企業概要書
  • 直近2年分の確定申告の控え
  • 今年に入ってからの売り上げと利益をまとめた書類
  • 通帳
  • 住んでいる家の借用書
  • せどりを簡単に説明したレポート

以上です。

まず「借入申込書」「企業概要書」の二つですが、以下のサイトからダウンロードできます。

日本政策金融公庫

これは必ず必要になる物なので、ダウンロードして記入してください。書き方の例などもありますので、そちらを参考に書くと問題ありません。

次に直近2年分の「確定申告書の控え」と、今年に入ってからの「毎月の売り上げと利益額が確認できる書類」

「毎月の売り上げと利益額が確認できる書類」は、普段エクセルなどで管理している売り上げデータを印刷したもので大丈夫です。

それと通帳ですが、「Amazonからの入金」「公共料金の支払いが確認出来る」通帳を用意。それと住んでいる家の「借用書」です。

最後にせどりを簡単に説明したレポートですが、これは担当者に実際の写真を見せて解りやすく伝えるために作ったものなので、必ず必要というわけではなく、口頭でも問題ないと思います。

あと、担当者によって違うと思いますが「次回入金される金額と、総在庫金額って確認することは可能ですか?」と聞かれました。

スマホからAmazonのアカウントにログインし、次回入金額を見せて、さらに僕はスプレッドシートで在庫管理しているので、スプレッドシートの総在庫金額を見せて問題ありませんでした。

以上で無事審査が通りました。

以前まで融資を受ける人って、審査も大変そうだしすごいなー、と感じていましたが、実際に自分で受けてみた感想は、敷居はとくに高くなく、誰でも受けられるという感じでしたね。

もちろん、借金や何かしらブラックリストに入っているような状態なら無理でしょうけど。(その辺も聞かれました。笑)

普通に支払いや確定申告をきちんとしているなら、誰でも受けることが出来ると思いますよ。

是非仕入れ資金を増やしたいと思う方がいたら融資を検討してみてください!

では!

せどりノウハウカテゴリの最新記事