お金の蓄えは心のゆとりを生み出す

お金の蓄えは心のゆとりを生み出す

ナオトです。

先月融資も受けることができ、少しずつ仕入れ資金も増えてきました。そして最近なにより僕の支えになっているのは、「仕入れ資金とは別の貯金」です。

僕は昔貯金がまったくなく、かなり生活がきつい状態でした。そんな生活が嫌で、脱却するためにせどりを始めました。

1週間で使えるお金が300円しかない状態なんて日常茶飯事で、お昼ご飯は外で半額で買ってきたあんぱん一つなんてこともよくありました。

そこから自分の持ち物を売ってせどりの資金を作って開始し、少しずつ少しずつ仕入れ資金を増やしていきました。

多少お金にゆとりが出てきて、生活の水準は上がりましたが、その分、無駄な出費も増えてきます。

そうした無駄な出費のせいで、なかなか貯金も貯まらない状態が続き、これではいけないと感じ、無駄な出品をなるべく抑えて、毎月一定の金額を貯金するようにしました。

そのおかげで、しばらくは生活を支えられるだけの貯金を貯めることができ、やっと最近心のゆとりが持てるようになりました。

よくせどりは赤字になることはないから、自分の使えるお金はすべて仕入れ資金に使えと、仰っている方もいますが、それは半分正解で、半分間違いかなと。

確かにトータルで赤字になることはありませんが、せどりだって必ず毎月入金があるとは限りませんよね?いつアカウント停止されるかわかりませんし、今の手法がずっと続くかどうかもわかりません。

「未来永劫Amazonせどりは確約されていて、毎月必ず入金が続く!」と思っているなら、貯金は必要ありませんが。

そう思っていない正常な人でしたら、お金はすべて仕入れ資金にまわすのではなく、利益の1割でも、数千円でもいいから、自分で毎月貯金する金額を決めて、もしものための貯金を作っておくことが大切。

理想は最低3ヶ月何もしなくても生活できるくらいの貯金はほしいところです。

もしせどりからの収入がなくなったとしても、3ヶ月もあれば何とか次の仕事までもたせることができます。

実際僕が経験したことなのでいいますが、しばらく生活できるだけの貯金があるのと無いのとでは、まったく普段の生活のゆとり度合が違ってきます。

ですから、必ず貯金は作るようにしてくださいね!

今日は少しお金についての話しでしたが、ものすごく大切なことなので、心に留めておくようにしてください。

では!

雑談カテゴリの最新記事