定価一律商品は〇〇を付加して売れやすく差別化する

昨日の記事で、今月からFBA手数料が値上げが始めるので、売れ残りの長期保管在庫には気を付けよう!という話をしました。

できるだけ売れない商品はなんらかの手をうって処分をしなければ、手数料だけがどんどんかかってしまうことになります。

昨日もお話ししましたが、大まかな方法としては、

  • 売れない商品は返送する
  • 値段を下げて売り切る
  • 処分手続きをする

の3つがあります。

この3つの方法で不良在庫の処分は問題ないと思うのですが、「値段を下げて売り切る」方法について、一部の商品によっては問題が発生します。

それは最低価格が決まっている商品。

以前もお話ししましたが、新品の本は必ず定価で出品しなければいけない規則があり、このせいで値下げはできません。

もう一つ、一部商品はメーカーの規制によって、最低価格が決められている商品があります。

コスメ系に多いですね。こんな感じで最低価格がみんな一律でそろっている場合は規制がかかっている可能性が高いです。

値崩れを防ぐためにメーカーが規制をかけており、値段を変更するとメーカーから注意のメールが届きます。

新品本や、最低価格が決められている商品はどうしたらいいのか?値下げできないなら、商品を返送するか処分するしかないのか?

実は解決策は上の画像に隠されています。

上の画像の上から1番目と2番目の出品者に注目してください。2160円という価格の下に「518pt(24%)」という数字があるのがわかります。

これは「Amazonポイント」というもので、購入者は商品を購入したら、ここに記載されている分のAmazonポイントが貰え、次回の買い物のときにAmazonポイントを使って安く購入できるようになります。

このAmazonポイントを付加して、実質値下げと同じ効果で商品を売れやすくするというのが、値下げができない商品を売れやすくする方法です!

もちろんAmazonポイントは売り上げから負担することにはなります。設定方法はFBAの商品編集ページからできます。

これらの方法を駆使して、できるだけ長期在庫品はなくすようにし、保管手数料を抑えるようにしましょう!

では!

最後にぽちっと応援していただけると嬉しいです。
せどりランキング