売れば売るほど赤字ですけどなにか?

久々にきました!あの起きてほしくないせどりあるあるが!それがこれ。笑

出品したと同時に、ライバルの急増に伴う値下げ競争…

この商品9個仕入れたんですが、見込み利益は1つ1000円で9000円の予定だったのに、今売っても赤字です。

価格も安定していて、ランキングのグラフもよく売れている、超いい商品仕入れることができた!と喜んでたのもつかの間、売れば売るほど赤字の悲しき商品に…。

まぁ、こればっかりはせどりではよくあることなので、仕方がないですが、それにしても今回の商品こんな値下げになると思いませんでしたね。

ずっと価格が安定していた商品で、こういった急に値下げになる商品って、前兆があるんですよ。

一番多いのが「品薄の商品が再販されて大量に売りに出された」とか。

最近だとこの商品がありましたね。

このソフト、前まで凄い人気だけどもう製造されていなかったので、プレミア価格になっていて、中古でも7000円以上、新品だと15000円などで取引されている商品でした。

僕も何度も売ったことがあります。

ですがある時メルカリで、新品が一日に何度も出品されたんですよね。こんなことって今までなくて、もしかして再販されたか?と様子を見ていたら、案の定そのようで、どんどんメルカリで出品され、それに伴いAmazonでは出品者の急増、価格の暴落が起きました。

そして今現在、見るも無残な新品3000円台。笑

でも今回の僕の商品はそういった傾向もなく、問題ないと思ったんですがダメでしたね。

それはそうと、こういった急な価格競争に巻き込まれ時ですが、対応は2択です。

・赤字でもいいから最安値で売り切る

・値段が戻る可能性があるので最安値で売らないで持っておく

この2択ですが、僕が取る戦略は「赤字でもいいから最安値で売り切る」です。

よくやりがちなのが、せっかく仕入れた商品が売っても赤字になるくらいなら、少し待って価格が再度上がる可能性を信じて持ち続けるパターン。

どちらが100%正解というのはないのですが、僕は断然早く売った方がいいと思います。

僕らは未来を見通す力はないので、不確定な要素をとりいれるより、現実にそった対応を取るのがベストだと考えています。

それに、赤字商品をずっと抱えているのって、気持ち悪くないですか?笑

今回は残念な結果でしたが、この後なんでこんな値下げになったのかもう少し調べてみて、原因を突き止めることができたらいいなと思います。

この経験を今後の糧とします。

そして最後に、今日小型サイズの商品を30個購入したのが届いたのですが、こんな感じで届きました。

段ボール2つを合体させているのですが、中にはパンパンに商品が入っていて、どちらかの段ボールを取ると商品が崩れ出てしまう状態。てか、これどうやって入れたんだ?笑

開ける気なくしたので、とりあえずそのままにしています。

では!

最後にぽちっと応援していただけると嬉しいです。
せどりランキング