クレジットカードで仕入れるリスクに対処していますか?

最近クレジットカードを使っての仕入れ量を減らし、少しずつデビットカードへと移行しています。

理由は一つ。「リスク回避」のため。

このリスクをきちんと意識していないと、いざとなったらピンチになりますよ。

アカウント停止のリスクを考える

Amazonで商品を販売するにあたって、Amazonの規約違反をに触れると、最悪アカウント停止になります。

アカウントが停止されるとどうなるかというと、停止になった原因が解決するまで、売り上げ資金が振り込まれず、しばらく回収できなくなる。

そうなると、振り込まれることを見越して使っていた、クレジットカードの代金を支払えなくなります。

それって結構なリスクだと思うんですよ。

もちろん、クレジットカード代金以上に資金が潤沢にある人は問題ありませんよ。でも多くのせどらーはそうじゃありません。

他のプラットフォームを使って商売をしている以上、アカウント停止になる可能性は常に潜んでいますし、100%アカウント停止にならない安全な人はいません。

僕らは日頃から、そんなリスクを回避する手段をとっておく必要があります。

デビットカードでリスク回避を

そこで僕が最近進めているのが、デビットカードを使った仕入れ。

デビットカードはクレジットカードと同じで、カードを使って支払いが出来るのですが、クレジットカードは翌月に支払うのに対し、デビットカードは紐付している銀行の預金からすぐに引き落としてくれます。預金残高が足りなくなると使えなくなります。

つまり、借金をして購入するのとは違い、現金で直接購入することと同じです。

これで、たとえ突然のアカウント停止で売り上げが入金されなくても、すでに購入代金を支払っているので、お金がなく仕入れ代金を支払うことができないというトラブルがなくなります。

ですから僕は万が一に備えて、少しずつデビットカードへと移行しているんです。

それに精神的にもクレジットカードで後からまとめて大きい支払いがくるより、その場で支払ってしまった方が気分も楽ですよ。笑

ポイント問題

でも、ここで一つ疑問を持つ人がいるかもしれません。

デビットカードってポイントが付かないんじゃないの?と。

クレジットカードをみんな使う理由の一つには「高還元なポイント」を目当てで使っていると思うんですよ。

今だと使った代金の1%分がポイントに付くなんて当たり前の時代で、これが後々結構な金額になってきます。

仮に月に100万カードを使って仕入れたとしたら、ポイントだけで1万円分が付き、年間にすると12万ですからね。

だからポイントが付かない、もしくは付いても還元率が低いデビットカードは、デメリットが大きいんじゃない?と考えますよね。

ですが、デビットカードでありながら高還元ないいのがあるんですよ。

どんなカードか知りたいですか?

ちょっと今日は長くなったので、そのカードは明日教えますね。

それと、そのカードを作る際のデメリットと、知らない人が多いヤバい規約も実はありまして、その辺もまとめてお話しします。

今日はこれから図書館に行って、税理士に渡す最後の確定申告の資料を作ってきます!はやく終わって楽になりたい。笑

では!