FBAが納品受領を2回連続で拒否!【原因と対策】

FBAへ荷物を納品しましたが、2回連続受け取り拒否されました。

3度目で受領され、原因がわかったとともに、「ある倉庫」は受領審査が厳しいかもしれません。

1回目の拒否された段ボール状況

郵便局から連絡が来て、Amazonで不備があるので、受け取れないと連絡がきて、返送してもらった段ボールがこちら。

「納品形態不備(バンドルやカスタム)」にチェックが付いていました。

今まで一度も問題なかった梱包方法です。

原因はこれかなと思ったのが「段ボールの状態の悪さ」と「バーコード」。

納品に使った段ボールですが、使いまわしの段ボールなので、結構ガムテープが貼られたり、痛みがある状態。

段ボールにバーコードが印字されているのも原因かなと。

たしかバーコードの印字があるのはNGだったような気もすると思い、きれいでバーコードの印字もない段ボールで再配送しました。

2度目の拒否で原因が確定

数日すると再び郵便局から着信が入っていました。

また受領拒否かよ!と電話したら、やっぱりそうでした。

返送して原因用紙を確認すると、またも「納品形態不備(バンドルやカスタム)」にチェック。

流石にもういやになったので、きちんと納品方法について調べようとAmazonセラーの納品ページへ。

受領できない段ボールの一覧画像で原因がわかりました。

左の「商材に合わせ、箱を小さく加工」これが原因だなと。

余分な隙間を埋め、コンパクトにするため、段ボールを加工していたので、3回目は加工しないで送ったら、問題なく納品受領されました。

今まで加工しても問題なかったのになぜ?

でも疑問もあり、今までずっと加工しても問題ありませんでした。

受領する人の問題なのか、Amazonが審査を厳しくしたのかわかりませんが、実はいつもと違うポイントが一つありました。

それが「納品先の違い」

東京八王子は審査が厳しい?

普段納品先って「小田原」「千葉」「大阪」がほとんどですが、今回納品先が「東京八王子」だったんですよ。

もし「Amazon八王子FC」に納品先が指定されたら、審査が厳しい可能性もありますので、注意したほうがいいかもしれません。

受領拒否一覧を見るべき

受領拒否は、僕がきちんと配送方法について把握してなかったのが一番の原因です。

段ボールを二つ合わせてたり、継ぎはぎの段ボールはダメということしか把握してなかったので。

是非一度規約は読んでおいてください。

≫ Amazonは以下の状態で納品された輸送箱は受領しません

それにしても、結局一つ納品するのに4千円以上かかりました。笑

日々失敗して勉強です。

では!

最後にぽちっと応援していただけると嬉しいです。
せどりランキング